相撲

御嶽海の成績・取組結果(初土俵~2015年11月場所)

2017/01/18


長野県民にとっては期待の星である御嶽海関。彼の大相撲デビューからの取組結果・成績の詳細、気になりますよね?ということで今回は、第一弾として初土俵から2015年11月場所までの取組結果の詳細をまとめてみました!!

御嶽海関とは

出典:http://www.dewanoumi.net/prof/mitakeumi_hisashi.html

御嶽海 久司(みたけうみ ひさし、1992年12月25日 - )は、長野県木曽郡上松町出身で出羽海部屋所属の現役大相撲力士。本名は大道 久司(おおみち ひさし)。身長178cm、体重153kg、血液型はO型。得意技は突き・押し。自己最高位は東前頭筆頭(2016年7月場所)
出典:Wikipedia

 

大道久司(御嶽海)さんは、は長野県の上松町(あげまつまち)という山間の小さな町の出身です。

小学校1年生の時から相撲をはじめ、その後メキメキと頭角を現した大道さんは、小学校・中学校・高校で全国大会で名を残すように成り、東洋大学法学部に進学。大学生時代はその強さを遺憾なく発揮しました

個人タイトル15冠、4年生の時には学生横綱とアマチュア横綱の2冠を達成し、幕下10枚目格付出の資格を得ました。

そして、卒業後、なんと和歌山県庁の内定を断って出羽海部屋に入門します。

県庁の内定を蹴って相撲部屋に入るって・・・すごいですね。並々ならぬ覚悟を感じます。

2015年3月場所(初土俵)取組結果

平成27年(2015年)3月場所(春場所)において初土俵を踏みます。

その初場所の結果を見ていきましょう

初日

幕下10枚目:御嶽海○ (寄り切り) ●明星:幕下11枚目
      (1勝0敗)        (0勝1敗)

3日目

幕下10枚目:御嶽海● (肩透かし) ○大翔鵬:幕下10枚目
      (1勝1敗)        (2勝0敗)

6日目

幕下10枚目:御嶽海○ (寄り倒し) ●照強:幕下8枚目
      (2勝1敗)        (1勝2敗)

7日目

幕下10枚目:御嶽海○ (押し出し) ●磋牙司:幕下11枚目
      (3勝1敗)        (2勝2敗)

10日目

幕下10枚目:御嶽海○ (突き落とし) ●宝香鵬:幕下12枚目
      (4勝1敗)        (3勝2敗)

12日目

幕下10枚目:御嶽海○ (押し出し) ●肥後嵐:幕下17枚目
      (5勝1敗)        (4勝2敗)

14日目

幕下10枚目:御嶽海○ (寄り切り) ●川端:幕下筆頭枚目
      (6勝1敗)        (5勝2敗)

 

最終成績:6勝1敗

初土俵は白星発進。3日目に初黒星を喫しますが、以後5連勝で最後の取組では幕下筆頭を破って6勝目。初場所から凄まじい活躍を見せました。

 

2015年5月場所取組結果

5月場所は前の幕下付け出し10枚目から幕下3枚目へと大きく番付を上げての取組です。ここで勝ち越せば十両昇進も見えてくるという重要な場所でしたが結果は・・・

2日目

幕下3枚目:御嶽海● (下手投げ) ○正代:幕下2枚目
      (0勝1敗)        (1勝0敗)

3日目

幕下3枚目:御嶽海○ (押し出し) ●魁:幕下4枚目
      (1勝1敗)        (0勝2敗)

5日目

幕下3枚目:御嶽海○ (寄り切り) ●双大竜:幕下5枚目
      (2勝1敗)        (1勝2敗)

7日目

幕下3枚目:御嶽海○ (突き落とし) ●徳真鵬:幕下筆頭枚目
      (3勝1敗)        (2勝2敗)

中日

幕下3枚目:御嶽海○ (上手投げ) ●大翔丸:十両12枚目
      (4勝1敗)        (3勝5敗)

11日目

幕下3枚目:御嶽海○ (下手投げ) ●安彦:幕下3枚目
      (5勝1敗)        (4勝2敗)

千秋楽

幕下3枚目:御嶽海○ (下手投げ) ●東龍:幕下12枚目
      (6勝1敗)        (5勝2敗)

 

最終成績:6勝1敗

5月場所は、同じく学生横綱経験者の正代に黒星を喫し白星スタートはできませんでしたが、以後は破竹の6連勝。中日には十両の大翔丸に勝利し、十両でも十分戦えるレベルであることを示してくれました!

2015年7月場所取組結果

7月場所は十両に昇進!西十両12枚目として挑みました!

                    初日

東十両十四枚目
明瀬山
寄り切り 西十両十二枚目
御嶽海

                   2日目

西十両十四枚目
徳真鵬
突き落とし 西十両十二枚目
御嶽海

                   3日目

東十両十枚目
玉飛鳥
押し出し 西十両十二枚目
御嶽海

                   4日目

西十両十三枚目
高立
引き落とし 西十両十二枚目
御嶽海

5日目

東十両十三枚目
翔天狼
押し出し 西十両十二枚目
御嶽海

6日目

東十両十二枚目
若乃島
押し出し 西十両十二枚目
御嶽海

7日目

東十両十一枚目
大道
押し出し 西十両十二枚目
御嶽海

中日

西十両十二枚目
御嶽海
寄り切り 西十両八枚目
千代皇

9日目

東十両六枚目
北はり磨
突き落とし 西十両十二枚目
御嶽海

10日目

東十両三枚目
常幸龍
上手出し投げ 西十両十二枚目
御嶽海

11日目

東十両四枚目
朝赤龍
押し出し 西十両十二枚目
御嶽海

12日目

東十両二枚目
蒼国来
はたき込み 西十両十二枚目
御嶽海

13日目

西十両十二枚目
御嶽海
押し出し 西十両筆頭
大栄翔

14日目

西十両十二枚目
御嶽海
上手出し投げ 西十両九枚目
錦木

千秋楽

東十両筆頭
千代鳳
寄り切り 西十両十二枚目
御嶽海

 

最終成績:11勝4敗十両優勝!!

まさかの新十両での十両優勝!!これはものすごいことですね~。この時から、長野県ならず、一般の相撲ファンの方々の中にも「御嶽海」の名が知れわたっていったのです。

 

2015年9月場所取組結果

9月場所では西十両5枚目に大きく番付を上げての場所になりました。

もしまた2桁勝利を上げると、幕内昇進も見えてくるという需要な場所でした。

 

初日

十両六枚目

旭日松(0勝1敗)

叩き込み
十両五枚目

御嶽海(1勝0敗)

2日目

十両五枚目

御嶽海(2勝0敗)

突き出し
十両四枚目

里山(0勝2敗)

3日目

十両四枚目

常幸龍(1勝2敗)

押し出し
十両五枚目

御嶽海(3勝0敗)

4日目

十両六枚目

松鳳山(4勝0敗)

掬い投げ
十両五枚目

御嶽海(3勝1敗)

5日目

十両五枚目

御嶽海(4勝1敗)

押し出し
十両三枚目

荒鷲(2勝3敗)

6日目

十両五枚目

御嶽海(5勝1敗)

叩き込み
十両二枚目

貴ノ岩(3勝3敗)

7日目

十両七枚目

若乃島(3勝4敗)

突き出し
十両五枚目

御嶽海(6勝1敗)

中日

十両八枚目

大翔丸(4勝4敗)

突き落とし
十両五枚目

御嶽海(7勝1敗)

9日目

十両三枚目

豊響(9勝0敗)

叩き込み
十両五枚目

御嶽海(7勝2敗)

10日目

十両十二枚目

正代(9勝1敗)

寄り倒し
十両五枚目

御嶽海(7勝3敗)

11日目

十両五枚目

(7勝4敗)

押し出し
十両五枚目

御嶽海(8勝3敗)

12日目

十両九枚目

阿武咲(7勝5敗)

引き落とし
十両五枚目

御嶽海(9勝3敗)

13日目

十両筆頭

富士東(5勝8敗)

寄り切り
十両五枚目

御嶽海(10勝3敗)

14日目

十両五枚目

御嶽海(11勝3敗)

寄り切り
前頭十五枚目

英乃海(6勝8敗)

千秋楽

十両十枚目

明瀬山(9勝6敗)

寄り切り
十両五枚目

御嶽海(12勝3敗)

最終成績:12勝3敗

十両優勝は13勝2敗の松鳳山で、惜しくも2場所連続優勝はなりませんでしたが、それでも2桁勝利を収め、来場所の幕内昇進が濃厚となりました!!14日目に前頭の英ノ海に勝利しており、幕内でもその力を発揮できる予感!!

 

2015年11月場所取組結果

11月場所ではとうとう幕内に昇進!!西前頭11枚目として念願の幕内の世界で戦いました!!

初日

前頭十二枚目

豪風(0勝1敗)

黒丸 突き出し 白丸
前頭十一枚目

御嶽海(1勝0敗)

2日目

前頭十二枚目

高安(1勝1敗)

黒丸 押し出し 白丸
前頭十一枚目

御嶽海(2勝0敗)

3日目

前頭十枚目

蒼国来(2勝1敗)

白丸 吊り出し 黒丸
前頭十一枚目

御嶽海(2勝1敗)

4日目

前頭十一枚目

御嶽海(2勝2敗)

黒丸 上手投げ 白丸
前頭十枚目

松鳳山(3勝1敗)

5日目

前頭十三枚目

豊響(2勝3敗)

黒丸 押し出し 白丸
前頭十一枚目

御嶽海(3勝2敗)

6日目

前頭九枚目

玉鷲(3勝3敗)

黒丸 叩き込み 白丸
前頭十一枚目

御嶽海(4勝2敗)

7日目

前頭十一枚目

臥牙丸(5勝2敗)

白丸 極め倒し 黒丸
前頭十一枚目

御嶽海(4勝3敗)

中日

前頭十五枚目

千代鳳(6勝2敗)

白丸 寄り倒し 黒丸
前頭十一枚目

御嶽海(4勝4敗)

9日目

前頭十五枚目

北太樹(4勝5敗)

黒丸 押し出し 白丸
前頭十一枚目

御嶽海(5勝4敗)

10日目

前頭十一枚目

御嶽海(5勝5敗)

黒丸 送り出し 白丸
前頭八枚目

宝富士(7勝3敗)

11日目

前頭十一枚目

御嶽海(5勝6敗)

黒丸 寄り切り 白丸
前頭七枚目

旭秀鵬(7勝4敗)

12日目

前頭十三枚目

千代大龍(7勝5敗)

白丸 引き落とし 黒丸
前頭十一枚目

御嶽海(5勝7敗)

13日目

前頭五枚目

阿夢露(3勝10敗)

黒丸 寄り切り 白丸
前頭十一枚目

御嶽海(6勝7敗)

14日目

前頭十一枚目

御嶽海(7勝7敗)

白丸 突き出し 黒丸
前頭五枚目

佐田の海(4勝10敗)

千秋楽

前頭十一枚目

御嶽海(8勝7敗)

白丸 押し出し 黒丸
前頭六枚目

誉富士(3勝12敗)

最終成績:8勝7敗

初めての幕内でなんとか勝ち越せました。やはり幕内で戦う力は十分にあるようです。

ただ、四ツに組まれた時に何もできないパターンが見られたので、そこが今後の課題としてのこった場所になりました。

2015年度の最終成績は

43勝16敗

幕内では8勝7敗となりました。

 

以上のように御嶽海関の取組結果の詳細を2015年11月場所までまとめてみました。

追って2016年度の取組詳細の記事も上げる予定ですのでよろしくお願いします。

 

それでは、最後までご覧頂きありがとうございました。



 

 

-相撲
-, , , ,