将棋

渡辺明竜王、竜王就任式で三浦弘行九段問題で謝罪するもファン納得せず


1月17日に東京都千代田区で、第29期竜王就任式が行われました。

その中で渡辺明竜王が

三浦九段には迷惑をかけた

という趣旨の発言をし、三浦九段に謝罪をした形となりました。

しかし、その件に関して腑に落ちない点がありファンは納得していない模様です。

そこのところを詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

 

竜王の謝罪

 

竜王就任式での記事が出ています

「三浦九段にご迷惑かけた」 渡辺竜王、不正問題で謝罪

 

ここでは渡辺竜王が、三浦九段・読売新聞、そして将棋ファンに向けて謝罪をしたことがわかるのですが、ここでも様々な問題点があることがわかりました。

 

1:竜王の文春へのリークの有無

 

今回の発言では

 

メディアの取材に応じたことにより迷惑をかけてしまった

 

という発言になっています。

ですが、ファンの間では

  • 文春へは竜王がリークしたのではなかったか?
  • 文春から取材を受けたことにして責任をなすりつけている

という意見が多く飛び交いました。

 

今までの流れで言いますと、渡辺竜王が週刊文春に対して三浦九段の情報をリーク

第三者委員会の報告によると

渡辺棋士は、三浦棋士がソフト指しをしているという疑惑が、2016年10月中旬に発売される週刊文春に掲載されるという情報を掴んでおり

 

となっていますので

文春が三浦九段に対する疑惑があることを掴んでいるという情報を、渡辺竜王は何かしらの手段で知った

ということが竜王の発言の前提であるようです。

 

なので渡辺竜王はリークしていない!!

 

と言えそうなところですがそうでもありません。

何故かと言うと

以前の竜王の発言に

 

告発は後悔してません

 

この一言があるからです。

もう告発って言っています………

 

それなのに今回

 

メディアの取材を受けて

 

というような発言をしたことにファンは納得していないのです。

 

仮に文春にリークしていないというスタンスを保つとしたら

 

渡辺竜王はなぜ、文春が三浦九段に対する疑惑の存在を掴んでいることを知っていたのか

 

という問に正しく答えることができなくなってしまいます。

 

リークしていないなら、そもそも竜王が文春の手の内を知っていることが不自然ということになります。

客観的に見てもファンが怒りの声を上げるのは当然かと思われます。

 

2:謝罪の中身

 

この謝罪が

 

三浦九段にどう迷惑をかけたのか

 

という点について述べられていない点にも腑に落ちない声が上げっています。

竜王就任式なので、読売新聞をはじめ関係者に軽く挨拶がてらに謝罪したのではないかという論調に反論する術はありません。

まぁ竜王就任式という場で三浦九段に対して長々と語ることは場違いではありますのでもし何か言いたいことがあったとしてもこの場では言わないのが普通だとは思います。

ですが、上辺だけの謝罪に見えてしまい顰蹙を買ってしまう結果となってしまいました。

 

釈明の機会が必要か

 

一言結論としては、渡辺竜王は、三浦九段の問題に対してファンに直接説明なり釈明なりをする機会が必要であるでしょう。

 



 

-将棋