将棋 詰将棋

棋力向上のために詰将棋を解こう!!初級編part2

2016/12/02


今回は詰将棋を解いて棋力向上を目指そう@初級編part2になります。

まず最初にpart1の最後の問題の解答解説します。

その後また新作を数題ご用意しましたので解いてみてください

 

スポンサーリンク

 

初級編part1のNo.3の解答・解説

初級編part1をまだご覧になっていない方は是非ともそちらも目を通していただけると幸いです

棋力向上のために詰将棋を解こう!!初級編part1

 

それではみていきましょう。

 

No.3問題再掲

          ?手詰

 

みなさんは解けましたでしょうか。

何手詰めか伏せておいたのですが、これは9手詰になります

 

初手はあまり迷うところはなかったかと思います。

5二飛成では3三玉で上部脱出されてしまいますし、一見よさそうな2三銀打も1三玉とかわされてこちらも後が続きません。

ですので初手は

3四桂

となります。

以下2一玉に2二銀と進み、ここで玉側の逃げる選択肢がいくつか出てきます

3二玉ですと、3三銀成→2一玉(4一玉)→2二成銀(4二成銀)と7手で詰みますので

7手詰だー

と思った方は非常に惜しかったです。

ここでは1二玉とかわすのが最長の逃げになります。

この次の手は少し見えにくいかもしれませんが、

1三銀成!!

ここで1一銀成と香を取りたくなりますが、同玉以下実は続きません。

1三銀成に2一玉なら2二成銀(もしくは2二桂成)で詰みなのでここは同金ととります

ここで次は

5二飛成

これで2二の地点に合駒をしても2一玉と逃げてもいずれも2二龍までで詰みとなります。

 

もしかしたらお気づきの方もいるかもしれませんが、初手3四桂の時に1二玉と逃げてくれれば5二飛成で詰む形になるのですが、2一へ逃げ場所があるのと、3手目に打った銀が邪魔駒になっていて、1二に玉を誘導した後はそれを捨てる手が必要になっていたのです。

なので手数としては9手まで伸びたということなんですねー

 

解答:3四桂打→2一玉→2二銀打→1二玉→1三銀成→同金→5二飛成→2一玉→2二龍 までの9手詰

 

詰め上がり図:2二龍まで

 

 

2題解いてみよう!!

 

今回も初級者向けの詰将棋を2題作ってきました

※毎度のことですが、余詰&既存作品がないか調べましたが、何か問題がありましたらコメント欄までお願いします。

 

 

No.4       7手詰

これはすぐ解けると思います

 

No.5       9手詰

 

さて、どうでしょうか。No.5は若干難しいかもしれません。要注意といったところですね。

ですが両方とも易しい部類かと思われます。

1問5分を目安に解いてみてください

 

解答&解説

No.4はすぐ解けたかと思います。

なんせ初手がすぐ見えますからね!!

初手は

2四銀成

これ一択です

他の王手の手段では全く後が続かないのでここはこの1手です。

同玉ととるしかなく、その後は

3五角

これも見えやすいですね

3五龍だと後が続きませんのでここもこの1手といったところ。

ここで玉の逃げ場所が2ヶ所あって、1四玉ですと3四龍で詰んでしまうので2五玉と逃げます。

そこでいいところに金がいましたね!2六金として1四玉に最後は

1二龍(3四龍でも正解)

で詰みとなります。

 

簡単なものでも頭の中で順に駒の動きを追っていくだけでもいい練習になるのではないでしょうか。

 

解答:2四銀成→同玉→3五角→2五玉→2六金→1四玉→1二龍 までの7手詰

 

 

続いてNo.5になりますが、これは少し迷われたのではないかと思います。

初手が見えづらいかもしれませんが

2二銀不成!!

これは「2三の銀が邪魔駒である」

ということがわからないと指せない手かもしれません。

1二玉と逃げると2三桂成→同玉→3三飛成→1四玉→1三龍までで詰みます

ここは1四玉と逃げるのが最善手となります。

1四玉に

1三銀成!!

銀を捨てます

同玉(2四玉は2五桂成まで)に

3二飛車成

ここまでくればもうゴールは見えたも同然でしょう

1三玉に2三桂成、1一玉(2一玉)に2二龍(成桂も可)でピッタリ詰みます(詰み上がり図)

詰み上がり図:2二龍まで

 

こういった「邪魔駒を見つける」といった内容ものもは実践でも非常に役に立つと思いますし、結構盲点を発見する楽しさを味わえると思いますのでドンドンチャレンジしてみるといいでしょう

 

詰将棋は楽しい!!

初級編part2はいかがだったでしょうか

もしかしたら

簡単すぎた

とか

ちょっと難しかった

という方もいたかもしれません。

簡単だった!!という方のために11手以上の詰将棋も今後作ってみたいと思っています(余詰がボロボロ出そうで怖いのでスローペースで作ります)ので今後共よろしくお願いします!!

※もしかしたら詰将棋解説動画とかの方がわかりやすかったり??需要があれば動画の方も検討します

 



 

-将棋, 詰将棋
-