将棋 将棋時事

第三者委員会:三浦弘行九段不正の証拠なしと判断。シロ確定!!


12月26日に将棋連盟が設置した第三者委員会が三浦弘行九段のソフト使用不正疑惑に対する結論を発表しました。

内容はもはやわかりきっていたものでした。

スポンサーリンク

三浦九段の不正の証拠なし

 

12月26日にニコ生で将棋連盟が設置した第三者委員会の会見が放送されました。

 

また、それに伴う速報記事も出ています。

http://mainichi.jp/articles/20161226/k00/00e/040/172000c

 

また、第三者委員会が会見で配布した全文も毎日から出ています

http://mainichi.jp/graphs/20161226/hpj/00m/040/001000g/1

 

今回の結論としては

 

  • 三浦九段がソフトを用いて不正をしたという証拠はない
  • 当時の連盟の出場停止処分は妥当であった
  • ソフトの一致率は証拠にならない
  • 電子機器や感想戦などに不審な点なし

大まかに言うとこのような発言がなされました。

 

これを見た時に

やっぱりそうか

そう思いました。

 

まずはこの第三者委員会の発表のタイミング

それはこの記事で私が予想していたとおりとなりました。

 

三浦弘行問題で第三者委員会が12月中に結論を出しても意味がない?

 

そう

竜王戦シリーズが終わってからでないと結論は出さないだろう

それがまさに的中しました。

正直この程度の内容の発表でしたら12月の上旬でも十分発表できたはずです。

ですが現実は12月26日の報道

さらに言うと、加藤一二三九段対藤井聡太四段の世紀の対決にも火の粉が降りかからないような日にちです。

もしかしたら偶然この日だったのかもわかりませんが、連盟側と第三者委員会が利害調整をしていたと疑われても仕方がないタイミンではあります。

三浦九段の不正の証拠はない

このような結論を出すことはもちろん想定内でした。

 

ですが、今回このことによって

 

将棋連盟が疑惑があるというだけで、1棋士に処分を下してしまった

 

ということがハッキリとしてしまいました。

さらにニコ生での第三者委員会記者会見の模様では

一致率は分析ごとにばらつきがあるので不正の証拠とはならない

感想戦での読み筋は不自然ではない

という内容も明らかになりました

えっ、ちょっと待って下さい。最初の頃の報道ですと

 

技巧との一致率が高い、また感想戦での読み筋がソフトの手と似ていた

 

ということが三浦九段の不正疑惑の判断材料ではなかったでしょうか。

それなのにそれを根本から否定してしまったら、当時の連盟がそれを元に処分を下したのはおかしいことになりませんか?

ですが今回の第三者委員会は

当時の連盟の判断は、三浦九段の不正疑惑があるまま対局をし続けたら連盟の信義に傷がつくから妥当である

と発言しています。

なにやらおかしいですね……

これは

アレ?おかしいですよ?アレレ??(某先生風に)

とコミカルな雰囲気で考えていられるレベルを超えています。

 

棋士達も、三浦九段の白確定に対して喜びの声を上げる反面、連盟の処分が妥当と判断されたことに疑問を抱いているようです。

 

まだ議論は続いていきそう

 

今後三浦九段はどのような対応を取っていくのでしょうか。

竜王戦挑戦や順位戦などを不戦敗になったことに対する機会損失を引っさげて損害賠償を請求することになるのでしょうか。

それとも、連盟側の上層役員が責任を取って辞任し、三浦九段と和解の道を歩むのか。

はたまた三浦九段が

今回の第三者委員会の決定に納得なので特に不満はないです。

と言って何も起こさず自然に復帰するのか。

 

少なくとも今回の結論に納得するということはないと思います。

結局嫌疑がかかっただけで処分されてしまったことが確定してしまいましたからね。

また、世間では渡辺竜王に対する処分うんぬんの話題が今も盛り返してきているようですが、その点もどうなるのでしょうか。

三浦九段はシロ

これが確定したわけですので、なにかと分が悪い状況ではあるかと思いますがはたして……

 

 

今回この記事を書くにあたってあまり感情的にはならないようにしようと思っていたのですが、あまりにも腑に落ちない点が多かったのでやや冷静さを欠いてしまった点はお許し下さい。

まだまだこの話題の議論は続いてきそうですが、皆さんは今回の結論に対してどう思われたでしょうか。

 



-将棋, 将棋時事