将棋

久保利明九段、棋士会副会長の半年間の報酬返上することが判明


久保利明九段が棋士会副会長の半年間の報酬返上することがニコ生での発言で明らかになりました。

スポンサーリンク

報酬を返上することに

 

久保利明九段は10月に組まれていた叡王戦対豊島将之七段戦の対局時間を勘違いして規定の時間までに会場に間に合わず、不戦敗になっていました。

そのリベンジマッチとして2人の対局が12月18日(日)に行われました

その記事はこちらです

 

不戦敗で幻となった久保豊島戦が行われ、久保九段が圧勝!!

 

こちらの対局は久保九段の勝利で幕を閉じたのですが、その感想戦の終わり際に久保九段から衝撃の発言がありました。

 

不戦敗になったことによるペナルティとして私が務めている棋士会副会長の報酬を半年間返上させていただくようにお願いしました。

 

えぇーーーーーー

 

わざわざそこまでしなくてもいいような気がします。

ですが久保九段は

棋士会副会長という棋士の手本となる立場にいるにもかかわらず、示しがつかない失態を犯してしまったので自らお願いさせていただいた。

という旨をおっしゃっていました。

まぁ連盟から何かしらのペナルティが11月15日に通達があったようですが、この報酬返上とはまた別に課されるものです。

 

確かに、前の不戦敗の事案は褒められたことではありませんし、プロとしてあってはならないことだとは思います。

しかし、然るべき処罰は受けますので、それ以上のものを自身に課そうというのは相当な自戒の念が込められた行動だったと私は思います。

 

 

今後は不手際を起こさず、キレの良い振り飛車を見せてくれればファンも喜ぶのではないかなと思った次第であります。

 



 

 

 

 

 

 

-将棋