問題考察 将棋 将棋時事

羽生善治さんが孫正義育英財団の評議員となったが………


あの羽生善治三冠が孫正義育英会の評議員になったというニュースが入ってきました。

さらに来年2月にその孫正義育英会主催の対談形式の講演が行われることになりました。

が、残念ながらその講演会の申込み要件を満たしていない方が多そうなこともわかりました。

スポンサーリンク

 

なぜか羽生さんが評議員に

 

この孫正義育英会って一体何なのでしょうか

この財団の目的は

未来を創る人材の支援
「高い志」と「異能」を持った若者に自らの才能を開花できる環境を提供し、人類の未来に貢献する

出典:http://masason-foundation.org/

とあります。

なるほど、若者向けの活動を行っていくことを目的とした財団なのですね。

ですがこれだけでは具体的な活動内容は全くわかりません。

活動内容を見てみると

(1) 未来を創る人材への育英事業
(2) 未来を創る人材を育成するための施設運営
(3) 未来を創る人材を育成するための環境整備支援
(4) 未来を創る人材への支援者や有識者による会議や交流会の開催
(5) 世界の更なる文明の発達に貢献する分野の研究者及び研究機関への支援
(6) その他、この法人の目的を達成するために必要な事業

出典:http://masason-foundation.org/

 

人材育成を主眼とした事業、研究に対して支援をしていくようですね。

より詳細な活動は未だ不明ですが、この財団のメンバーを見てみると非常に豪華なことがわかります。

代表理事:孫正義

副代表理事:山中伸弥

理事:佐藤康博・五神真・國部毅・青野史寛

なんだか知っている名前がちらほらありますね。山中教授や東京大学総長の五神さん、みずほグループのCEOの佐藤さんなど各界におけるトップ級の面々が揃っています。

また評議員として6名が選出されたのですが、その中に我らが羽生善治さんの名前がありました。

評議員も各界のトップ級の経営者たちがズラリと並んでいるのですが、その中に1人

 

日本将棋連盟棋士

 

という肩書で羽生さんの名前があったのには少し違和感を感じてしまいましたね。

羽生さんが選出された真相は孫正義氏にしかわからないものでしょうが、

羽生さんのような優秀な頭脳を持った人材が沢山輩出されれば、各界の最前線で活躍し未来の日本を作る牽引役となってくれる

といったところでしょう。

羽生さん並の頭脳を持った人間がいっぱい出てくればそれはもちろん頼もしいに越したことはありませんが、この財団でどうやって羽生頭脳を育成するのかは全くもって謎です。

羽生さんがこの財団を通してどのような活動を行っていくか見守っていく必要がありそうです。

 

 

2月に講演会が開催決定!でも参加資格が……

そんな活動の一環として、来年2月10日(金)に東京日本橋のロイヤルパークホテルで講演会が開催されることになりました。

 

メンバーは

孫正義、山中伸弥、五神真、羽生善治さん

の4名。その4名による対談形式の講演会になる模様です。

定員が1500名でそれを超えた応募がある場合は抽選になるようなので、是非とも応募しようと思ったら

 

参加対象:25歳以下の方、または教育関係者

 

マジですか………年齢オーバーしてて申し込みできないじゃないですかー!!

教育関係の仕事に従事されている方は年齢がオーバーしていても参加資格を満たすようなので、羨ましいですね。

私の後輩くんが行きたいと言っていたので彼が抽選に当たって参加できれば、またその内容を記事にしたいと思っています。

ですが、羽生さん……この対談でどんなことを話すんでしょう?

 



 

-問題考察, 将棋, 将棋時事