名人戦 将棋

【順位戦】稲葉八段が広瀬八段を破り5連勝!!森内九段は待望の初日!!

2016/12/02


11月16日第75期名人戦・順位戦A級5回戦が行われ、新A級の稲葉陽八段が広瀬章人八段との全勝対決を制し開幕から負けなしの5連勝としました。

同じくA級5回戦佐藤康光九段と森内俊之九段との羽生世代対決は森内俊之九段が勝ちました。

 

 

稲葉陽八段は去年の佐藤天彦八段と全く同じ

 

A級5回戦稲葉陽八段vs広瀬章人八段の勝負は今年新A級になったばかりの稲葉陽八段が106手にて勝利しました。

両者ともにここまで4連勝と非常に好調な中での全勝対決でしたが、稲葉八段の鋭さが光り勝負どころをものにしました。

この新A級が開幕から5連勝………どこか見覚えがありませんか??

 

そう、昨年の佐藤天彦名人(当時八段)です!!

昨年度B級1組1期抜け(10勝2敗)を果たし新A級として臨んだ年でしたが、その勢いは凄まじいものでした。

開幕から土付かずの5連勝でその時点で単独トップに躍り出ました(5回戦が終わった時点で5勝全勝佐藤天彦八段ただ1人、4勝1敗はゼロで3勝2敗行方八段渡辺竜王森内九段佐藤康光九段屋敷九段5人が追いかける展開)

 

昨年の佐藤天彦名人と同じく、B級1組を10勝2敗で駆け抜けて新A級八段となった稲葉陽八段が開幕から破竹の5連勝……

 

そう、昨年の佐藤天彦八段と全く同じ!!

 

昨年の天彦八段は次の6回戦目で惜しくも破れてしまいましたが、トータル8勝1敗で名人挑戦権を獲得しています。

 

つまり

 

このまま行けば稲葉八段が今年の名人挑戦者になる!?

 

可能性……十分にあります!!

 

2年連続新A級が名人挑戦となると将棋ファンも大いに沸くことでしょう。

 

そしてもう1局A級順位戦の対局がおこなわれていました。

 

 

 

森内俊之九段、佐藤康光九段に勝ち待望の初日だ!!

 

以前順位戦で4連敗したときは

  • これはA級陥落あありえる
  • B級1組待ったなしか
  • 森内も衰えたか
  • これは心配だ

 

などと言われていました。

 

そして今回も先手の佐藤康光九段がやや有利な展開で夜を迎えました。

 

しかし皆さん!!

 

やりましたよ!!

 

やりましたと言っても順位戦で1勝しただけなのですが、この1勝が本当に大きいです。

 

ここまで4連敗で未だに初日が出ていなかった森内九段。単独最下位となってしまい絶体絶命の状況でした。

 

しかも今日もやや劣勢の状態でした。

しかし、妖しく逆転→日付を跨いでの長丁場→勝利!!

 

そのことにより連敗を4で止め貴重な1勝をあげたことによって、降級争いはまだわからない状況となりました。

 

これで現時点でのA級降級レースは1勝4敗の佐藤康光九段・森内俊之九段の横並びになります。

 

三浦弘行九段に関してなのですが、どうやら屋敷九段との対局は不戦敗になる模様なのでこれで1勝4敗ということになりそうです。

 

もちろん依然として厳しい立ち位置なのにはかわりませんが、少し希望のヒカリが見えてきた気がします。

降級ラインの話になりますが、昨年度のA級順位戦の降級ラインは3勝6敗でした。

2勝7敗久保利明九段は降級、3勝6敗の3人のうち順位の差で郷田真隆王将が降級となりました。

 

最終戦まで誰が降級するか全くわからない状況で、降級可能性のある人が4人いました。

 

ここで森内九段が5連敗してしまえば降級はほぼ内定してしまうところでしたが、まだまだ未来はわかりません。

 

私としては佐藤康光九段森内俊之九段もどちらも残留してほしいのですが、それは難しいのかもしれません。

 

やはり今年も

 

将棋界の一番長い日

 

まで争いはもつれることになるでしょう。

 



 

 

 

-名人戦, 将棋
-