コラム 将棋

5年後のA級順位戦のメンバーを予想してみた

2016/12/02


今回は将棋の名人戦の最高峰に位置するA級順位戦のメンバーが5年後はどうなっているのか自身の希望も交えながら予想してみました。

ガラリとメンバーが変わるのか、それとも羽生世代が食いとどまるか、はたして………

 

 

A級順位戦の世代交代の度合いがカギ

 

5年後のA級順位戦のメンバーがどうなっているか予想していく前に

現在のA級順位戦のメンバー

5年前のA級順位戦のメンバー

を各々見ていき、そこから予測の道筋を立てていこうと思います。

 

現在=第75期名人戦A級順位戦


名人:佐藤天彦

A級メンバー

  • 羽生善治三冠
  • 行方尚史八段
  • 渡辺明竜王
  • 佐藤康光九段
  • 屋敷伸之九段
  • 森内俊之九段
  • 広瀬章人八段
  • 深浦康市九段
  • 稲葉陽八段
  • 三浦弘行九段

佐藤天彦名人に加え以上の10名となっています。

 

稲葉陽八段が今年度初めてA級入りした以外はまぁいつものメンバーかなーと思われがちですが、実はたった5年前とだいぶ顔ぶれが違います。


5年前=第70期名人戦A級順位戦


名人:森内俊之

A級メンバー

  • 羽生善治二冠
  • 渡辺明竜王
  • 高橋道雄九段
  • 郷田真隆九段
  • 三浦弘行八段
  • 丸山忠久九段
  • 谷川浩司九段
  • 久保利明二冠
  • 佐藤康光九段
  • 屋敷伸之九段

 

どうでしょうか?

この頃はまだ高橋道雄九段A級にいました(現在はC級1組まで落ちてきてしまいました)

そしてかつてのA級の顔なじみメンバーであった郷田真隆九段谷川浩司九段丸山忠久九段、久保利明九段もこの頃は健在でした。

 

そして現在のA級順位戦と見比べてみると、ちょうど5人=半分のメンバーが違うことがわかります。

この5年の間に広瀬章人八段佐藤天彦名人稲葉陽八段などの若手がA級にのし上がって来て、40代・50代の棋士がB級1組へ下がるという現象が見て取れます。

第70期から75期までの5年間の間に橋本崇載八段、阿久津主税八段などの30前後の若手(若手ではないかもしれませんね)棋士達もA級入りしたのですが、力でねじ伏せられ1期限り降級という道筋を辿っています。

一方、その同時期もしくはそれ以降にA級入りした広瀬八段、佐藤天彦名人、稲葉八段などはすこぶる好調で(昨季の広瀬八段はギリギリ降級を免れた感じでしたが)1期で振り落とされることはありませんでした。(稲葉八段は現時点の成績を見ても降級の可能性はほぼない)

つまりここ5年でも世代交代の一端は見て取れたと言えるでしょう。

 

しかし、まだA級にはいわゆる羽生世代前後の棋士がガッツリ残っています。

 

A級10人中7人が40代ですから、多少世代交代があったしてもまだまだ「完全な世代交代」というのは当分先になると思われます。

なのでここで以上の内容から


5年後もある程度は顔ぶれは変わっているだろうが、完全なる世代交代とはなっていない

 

ということが予測として考えられることが言えるような気がします。

 

そのことを踏まえて5年後のメンバーを予想してみます

 

 

5年後のA級順位戦メンバーは……??

 

さて、これは非常に難しいです。今A級にいる羽生世代がどの程度A級にとどまっているかも非常に読めないですし、勢いのある若手がB級1組で留まらずにA級まで駆け上がってこれるかも難しいところです。

ですが、独断にまみれながら大胆予想をしてみたいと思います!!

 

5年後=第80期期A級順位戦


名人:佐藤天彦

  • 豊島将之
  • 稲葉陽
  • 羽生善治
  • 渡辺明
  • 糸谷哲郎
  • 深浦康市or屋敷伸之
  • 行方尚史
  • 中村太地
  • 斎藤慎太郎
  • 永瀬拓矢or千田翔太or佐々木勇気

 

まず名人位ですが、これもわかりませんね。

ですが、佐藤天彦名人が他の挑戦者を退け続けるor失冠してもまた奪取するというようなことが考えられるような気がします。

ので、一応名人位は天彦さんということで。

後の10人なのですが、天彦名人のようにC級から一気に駆け上がってくる人がもしからしたらいるかもしれないので非常に迷いました。

ただ、現在A級広瀬八段、稲葉八段、羽生三冠、渡辺明竜王はほぼ確実だと思っています。

羽生さんが急に衰えたりしたら状況はわからなくなりますが、すんなりA級から落っこちるという姿も想像できません。

他の3人も安定した成績を残して残留し続けると思います。

残りのメンバーなのですが、豊島七段糸谷八段、そして中村太地六段はまぁA級に上がってくるでしょう。

そうなると現在A級の森内九段、佐藤康光九段、屋敷九段、深浦九段は非常にA級陥落の可能性が増してきます。

ただ、今期の内容から見たら、5年後には森内九段と康光九段はA級にとどまっている可能性はかなり低いように思われます。

もしかしたら今期の降級がこの2者になる可能性だってあるわけですから、5年後、51、2歳になった羽生世代は老いの加速度と世代交代の波に飲まれてしまっている気がしてなりません(そうなってほしくないですが)

ただし、この4者の中でやや若い屋敷九段深浦九段のどちらかは残っている(もしくは降級してまた上がってくる)のではないかと思い上記のようにいたしました。

行方尚史八段は危ういながらもA級にとどまるような気がします。もしかしたら世代の波がここまで押し寄せるかもしれませんが。

そして残りの枠なのですが、個人的には1人は斎藤慎太郎六段が濃厚でもう1人は永瀬六段、千田五段、佐々木勇気五段の中から1人のような気がします。

今非常に勢いがある面々ですし、上位者への勝率もいい若手ですので、どんどん伸びていけば5年後に新A級ということが十分ありえると踏みました。

菅井七段や山崎八段なども考えましたが、B1の番人になってるような気がして入れませんでした(ファンの方すみません)

 

藤井新四段が上がってきたら1番面白い

以上のように独断まみれの5年後のA級メンバーの予想でしたが、皆さんは誰がなっていると思いますか?

ちょっと想像してみるだけでも楽しいですよね!!

もしかしたら

藤井新四段が全部1期抜けで新A級!!

なんてことになっているかもわかりません。

そうなれば1番盛り上がりそうではありますね!!

 

 



-コラム, 将棋
-