アニメ・ゲーム

ロケット団の知られざる事実が判明!!ムサシ・コジロウ・ニャースが実は・・・

2016/10/12


ポケモンを知ってる人方なら誰でも知っているあのラブリーチャーミーな敵役

ロケット団

ポケモンのアニメでは毎回ムサシ・コジロウ・ニャースのドタバタ劇を楽しんでいる人も多いかと思いますが、このロケット団に関する知られざる情報があるというのです。

今回はそのロケット団の知られざる事実についてお伝えします!!

 

 

ムサシ・コジロウは幹部候補生だった!!

 


出典:http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/pokemon_xyz/sp/chara/index.html

 

毎回決め台詞で登場するロケット団の手先のムサシ・コジロウ(とニャース)ですが、そのムサシとコジロウは実は優秀な幹部候補生だったというのです。

詳しくは「ロケット団 愛と青春の原点」というサイドエピソード的なアニメで語られています。

2人はロケット団養成所なる新入りロケット団員を訓練するような所をトップの成績で卒業しています。

そして、3人(ムサシ・コジロウ・ニャース)で行動するようになってからも下っ端に命を出したりサカキから直々に命を受けたりするなど団の中での存在感も大きく、サカキからも一目置かれていた存在でした。

ではなぜ今は毎回サトシを追っかけまわしてはやっつけられる雑魚キャラ化してしまったのでしょうか。

原因はもちろんピカチュウとサトシ達です。

彼らがサトシのピカチュウに標的を定め、追っかけ回すようになってからは失敗につぐ失敗の日々になります。

そしてピカチュウをゲットできないだけではなく、団の施設や計画までをもメチャクチャにし、とうとうサカキからの怒りを買います。

実際オレンジ諸島編の2話ではサカキが

何があっても困らない部下といえばあいつらしかいない

と発言しており、この頃には既に信頼は失墜していたようです。

アドバンス・ジェネレーション編に入ると扱いはしたっぱの中のしたっぱという感じにまで落ちます。

そしてダイヤモンド・パール編では

あいつら誰だったかな・・・

とまで言われる始末

bw編ではシリアスな雰囲気の構成だったこともあり、やや地位を回復したみたいですが、xy以降現在でも幹部になれる気配は微塵もなく、いつもどおりの噛ませ役として奮闘しています。

 

3人の英語名はジェーシー・ジェームズ・ミャウス

 

3人の英語での呼び名は

ムサシがジェーシー
コジロウがジェームズ
ニャースがミャウス

となります。

ニャースはまぁわかりますが、ムサシ・コジロウの名前はどうしてこうなったのでしょう。

なので外国人にムサシ・コジロウと言っても全く通じないということになります。

因みにサトシは英語でAsh(アッシュ)です。こちらもサトシでは通じませんね。

 

 

ニャースの初期の一人称は「オレ」

 


出典:xn--go-x93azb8f1byczorovb7l8092d85ub.com

今のアニメでのニャースの一人称は「にゃー」ですが、無印編での初期の頃は

オレ

と言っていました。

また声質も少し硬くちょっとトゲトゲした雰囲気がありました。

また「おいら」を使う時もありました。

しかし、サトシのピカチュウを追っていく過程で徐々にコミカルな性格が表れ、最終的に自分を呼ぶ時は「にゃー」へと固定されました。

初期の段階ではキャラクターの設定が定まっておらず、手探りでキャラの性質を考えていたような感じに受け取られますね。

 

ロケット団の歌の売上がポケモン歴代2位


出典:www.last.fm

実は1997年にロケット団のイメージソングとして

ロケット団よ永遠に

というCDが発売されたのですが、これがなんともまぁ売れに売れました。

最終的に22万枚を売上げて、ポケモン関連のCDの中では初代オープニングテーマの「めざせポケモンマスター」に次ぐ歴代2位!!

他の歴代ポケモンOPEDテーマを差し置いての2位ですから凄い記録ですね!!

収録曲は、

ロケット団よ永遠に
ラッキーラッキー
ニャースのうた

の3つでラッキーラッキーはコジロウのソロ曲、ニャースのうたはニャースのソロ曲ですが、何故かムサシのソロ曲はありません!!

これはCDの尺の関係だとか予算の関係だとか様々な憶測が流れていますが、真相は明らかになっていません。

 

ロケット団はアドリブのセリフが多い!?

ポケモンアニメ脚本家の面出明美さんがツイッターで「自分が書いてないセリフを言うことも多い。ロケット団は結構アドリブのセリフを入れてる」

という趣旨の発言をなされていました。

さらに、いつもムサシ・コジロウ・ニャースがふっ飛ばされている時の決めゼリフ

やな感じ~

も実はアドリブだったのです!!

もしかしたら他にも私達が知っているロケット団のセリフでアドリブで言ったものがあるかもしれませんね!!

 

ロケット団よ永遠に

 

以上がロケット団についての情報になりますが、ロケット団にはこれからもいいワル役としてサトシ達一行を引き立てていってほしいものです。

ムサシ・コジロウ・ニャースの出世はきびしそうですが、これからもいい活躍を期待しましょう!!

 



 

 

-アニメ・ゲーム
-, ,